神経内科

神経内科では、頭痛、めまい・ふらつき、しびれ、筋力低下、ふるえなどを生じる、脳・脊髄・末梢神経・筋肉の病気を診察します。
精神科、神経科、心療内科とは異なり、心の病気、心身症、うつ、ノイローゼ、不眠症などは診療しません。脳神経外科、整形外科の内科版というと分かりやすいかもしれません。

代表的な病気は、脳血管障害、パーキンソン病、片頭痛、めまい、てんかん、ギャランバレー症候群、多発神経炎、筋ジストロフィー、多発筋炎・皮膚筋炎などです。

問診、神経診察を行い、必要があれば頭部CT/MRI、脳波、血液検査などを行います。

 

担当

小笠原 淳一
(山口大学医学部附属病院 神経内科 助教)

[ 鼓ヶ浦こども医療福祉センター HOME ]